infinity

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

ちょいと2005.01.26

ちょいと思うことがありまして、今まで一日一記事をベースに投稿してきましたが、それにこだわらずに行こうかと思います。 また書きたくなったらふらっと投稿しますね。

スポンサーサイト

Comment [14] | TrackBack [0]

人の上に立つということ2005.01.21

仮にあなたの上司があなたの嫌いな奴だとしますね。 あなたは仕事を頑張ろうと思えますか? 私だったら、私が頑張って業積が残せたとしたら、その上司の業績になるんだなぁ、と思って、ものすごーくヤル気がなくなるでしょうね。 逆に上司が尊敬できる人であれば、この人のために頑張ろう!と言う気になりますね。 ただ、人間の好き嫌いで仕事をしてちゃ仕事が回らなくなりますので、やる事はやりますがね。 その人だけで会社が成り立っているわけではないので、会社のためとか、取引先に迷惑を掛けないため、とかの理由で自分を納得させて仕事するでしょう。 人の上に立つということは、そういうことだと思うんです。 器じゃ無いのに人の上に立ってしまっている人、いっぱいいます。 その人が器じゃないという事を見抜けない上役にも辟易します。 人の上に立つということは、なるべくしてなるという事なんでしょう。

Comment [8] | TrackBack [0]

梨本伝説#42005.01.20

毎朝10キロ走って弁当作って出社しているらしい。 ちなみに当社の始業時間は9時、 梨本の家から会社までの通勤時間は約1時間です(笑) ♪伝説の男~ 伝説の男~♪ ※梨本についてご存知ない方はこちらの記事をどうぞ♪

Comment [4] | TrackBack [0]

期待されるという事2005.01.19

一回私は「私にそんなに期待しないで下さい」と言った事がある。 そのことに対して、「期待されるって事はとっても素敵なことなんだよ」と返された。 当時の私にしてみれば、とんでもない業務量の中で次から次へとやってくる仕事に対してもう嫌だ、という意味で期待しないでと言ったのだろうが、それってどうなんだろう。 期待されなければ楽だろうなぁ。自分から何もしなくてもいい。 でも、言われたように、期待されるって事はとっても素敵な事なんだよなぁ、と最近思えるようになってきた。 期待されてるって事は、言い換えれば信頼されてるって言う事であり、その期待に応えるって事はより信頼度合いを深められるって事なんだろう。 と、言うわけで今まさに当時と似たような状況になっているけれど、膨大な業務量を黙々とこなし、期待に応えようと思う。

Comment [8] | TrackBack [0]

最低だぁ2005.01.18

昨日は仕事上お世話になっている関係会社の方との飲み会でした。 まぁ、軽い接待みたいなものですかね。 先方は部長、課長、若手平社員の3名、こちらは部長、課長、私の3名の計6名で飲んでました。 もう何度か飲んでいるので皆さん顔見知りです。 宴も中盤から終盤へ差し掛かった頃、話題が色々なうんちくの話題になりました。 そういうのは先方の課長さんが大好きで、お酒も手伝って、もう延々その話一色になりました。 博多山笠はどうして山同士で競い合うようになったかだの、東京の3社祭りはドコそこの神様を祭っていてこういう経緯があって今の形になってるだの・・・ 歴史文学とかが大好きな方には申し訳ないですが、ハッキリ言って私、そういう話にあんまり興味が無いんですね。 昔の事なんかどうでもいいじゃないって思うんです。 それより今や、これから先の事を考えようよ、と思う人なんです。 確かに過去を振り返る事は大事な事だと思いますが、それとウンチクを延々話すのとは意味が違います。 私は、その延々と続くウンチク話について行けず、いや、つ い て い く 気 が 無 く 、先方の課長さんがウンチクを話し続けて場が沸いている間、私は一人どうでもいいやと思って言葉少なくなっていました。 心の中で思ってはいたものの、それを顔に出したつもりは一切ありませんでした。 ですが、私が途中トイレに立った時に、先方の部長がついてきて、私にこういうのです。 「すのうさん、うちの課長がすいませんね。まぁでも、私どもの会社の立場的にもこういう事って必要なんですよ。どうか分かって下さい。」 ・・・_| ̄|○ 最低だ、俺。 先方の部長さんに気を使わせちゃってるよ・・・ 顔には出さないようにはしてたんだけど、やっぱり態度に出てたのかなぁ。 どちらにしても、本当、そんな思いをさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。 昨日の事を忘れないように、ブログに書き留めて自戒しようという密かな決意です。 嗚呼、自己嫌悪・・・

Comment [8] | TrackBack [0]

活字を読むという事2005.01.17

こないだ出張した時に移動時間が結構あったので、搭乗待合室内で普段は滅多に読まない字がいっぱいある本でも読んでみるか、と思い、文庫本を物色しました。 そんな中、私の目に付いたのが今日紹介している本です。 レビュー等はこちらのリンク先を見ていただければ大体のあらすじは分かると思いますので割愛します。 私も今、読んでいる途中ですので、感想などはまた後日改めて書けたら、と思っています。 というか、活字の本を読むなんて久し振りです。本当に久し振り。 高校以来じゃないでしょうか。まともに読むのは。 最初は、移動時間のちょっとした暇つぶしにでも、という気持ちで読んでいましたが、いつの間にか続きの文庫を書店で購入している自分がいました(笑) どうやら本の世界へのめり込みかけているようです。 普段漫画を愛読している私。 漫画には漫画のよさがあるけど、活字には活字の良さももちろんあるのだという事に今頃になって気がつき始めました。 漫画では絵という媒体で万人にイメージが固定されます。 一方活字では、ある程度の描写は出来ますが、全てのイメージを読者に固定して伝達する事は難しい気がします。 その事が、時に読者にとってもどかしかったり、イマジネーションを膨らませられたり、どちらにも取れます。 登場人物の描写を読みながら、「ああ、こういう人物像なのだろうか」と推測して読んでいく事が面白く感じています。 読書、これからも続けていければいいな、と思っています。

Comment [10] | TrackBack [0]

両極端2005.01.16

暇な時は何をどうしたって暇なのに、 忙しい時って、これ以上予定入れたくないのにさらに予定が重なったりしません? まさに今週、来週末がそんな感じで、もうてんやわんやです。 自分の予定だけでも結構詰まってるのに、嫁関係の用事も入ってきたりして、パンク寸前です。 と、いいながらブログ書いてる私(笑) こういう時ほど書きたくなるんだよなぁ~(=ω=)

Comment [8] | TrackBack [0]

・・・_| ̄|○2005.01.14

つ、疲れました・・・_| ̄|○ 昨日今日と上司2人のお世話焼き出張を終えて、今しがたオフィスへ戻ってきました。 ある程度の覚悟はしていたものの、まさかこんなに疲れるとは・・・ その中でも特に心に残ったエピソードを一つ。 奴等(うちの上司達です)、東京の地下鉄を理解する気が無い(笑) 羽田に着いて、お宿は新橋。 乗り換えるのが面倒だと感じた私は京急で新橋まで移動しようと提案。 始発だし、乗り換えないし、ずっと座れるから。 が、しかし上司はそれを断固拒否。 乗りなれたモノレールで行く事を切実に切望。 ええ、 か た く な に 切望。 私が、モノレールだと一回浜松町で山手線に乗り換えないといけませんよ、と言っても京急は嫌だと言う。 何でそこまで頑なになって言うのか不思議に思い聞いてみたところ、帰ってきた答えが、 今まで使った事無いから (´・ω・`) 嗚呼、誰か本気で助けて下さい。 眠いよ・・・パトラッシュ・・・_| ̄|○

Comment [12] | TrackBack [0]

独りになりたい時2005.01.13

時々ね、 ふっと独りになりたい事があるんだ 別に誰から何を言われたわけじゃないけれど ただ何も考えず ボーーっと雲の流れを見守ったり 遠くの山々の稜線を目でなぞっていったり そんな時間を過ごしたくなるんだ 別に誰から何を言われたわけじゃないけれども、ね。

Comment [4] | TrackBack [0]

梨本伝説#32005.01.12

カラオケで「もののけ姫」のテーマソングを裏声で完璧に歌い上げるらしい っていうか、2番はもういいよ。お腹いっぱいだよ。 ※注:梨本は男です。 ♪伝説の男~ 伝説の男~♪ ※梨本についてご存知ない方はこちらの記事をどうぞ♪

Comment [4] | TrackBack [0]

上を向いて歩こう2005.01.11

下を見ながら歩いている人を見た。 物凄くガッカリしているように見えた。 実際の所、その人がガッカリしていたのかはわからないけれど。 自分も下を向いて歩いてみた。 最初のうちは別に何ともなかった。 ガッカリする気もなかったけど、 下を向いて歩いていくうちに 何だか気分が滅入ってきた。 へこんできた。 まるで暗示をかけられているかのように。 下を向いて歩くと気分までへこむね。 上を向いて歩こう。

Comment [8] | TrackBack [0]

そういえば2005.01.10

すのうです・・・ 今日は祝日だと言う事を知らずに 本気で会社へ出勤したとです。 そう言えば、通勤時の車の量が少なかったとです。 っていうか、ハッピーマンデーって何だよ・・・ すのうです・・・すのうです・・すのうです・・・

Comment [22] | TrackBack [0]

負け犬の遠吠え2005.01.09

「負け犬の遠吠え」というドラマを昨日見ました。 酒井順子さんという人が書いてある本が原作のドラマでした。 あらすじは、以下の通りです。

藤原加奈(久本雅美)は、 IT企業のマネージャーとして活躍する38歳。都心のデザイナーズマンションに一人暮らし。明るくさばさばした性格で周囲からの信頼もあつい。 が、最近の「三十代・未婚・子ナシは負け犬」という定義に照らせば、正真正銘の「負け犬」である。 でも、同じく「負け犬」の外資系証券会社課長・北島環(大塚寧々)、派遣社員・三沢ゆき乃(櫻井淳子)という気心の知れた独身友達はいるし、仕事もやりがいがあるし、と充実した毎日を送っている。 ある日、雑誌の編集アルバイトをしている後輩の小倉美帆(中越典子)に頼み込まれて、「負け犬ブームの検証」の取材を受けることに。その頃偶然再会した大学の後輩・園田弥生(鈴木杏樹)はすっかり勝ち犬になっていた。美帆に弥生を紹介し、「負け犬」「勝ち犬」の取材が始まる。 無邪気な美帆は、加奈のおしゃれな暮らしぶりを見ては「やっぱり女は仕事ですよね!」とはしゃぎ、弥生の幸せそうな暮らしぶりには「結婚こそ女の幸せ!」と憧れを膨らませるが、実は負け犬・加奈も、勝ち犬・弥生も、孤独感を覚えることの少なくない日々なのだった・・・。 仕事はやりがいがあるし、気持ちのいい仲間もいる。お洒落なマンションに住んで、欲しいものを買うお金もある。 それでも、結婚していないと女は「負け」なのか? 結婚して子供がいれば本当に「勝ち」なのか? それぞれに焦りを抱えた女達、理想と現実の間にギャップはあると気づかざるを得ない年頃。もどかしさゆえに仲違いもしてしまうが、加奈の 39 歳の誕生日を目前に、女達、そして彼女達を取り巻く男達はどう変わっていくのか---。
※ドラマサイトのイントロダクション部分よりあらすじを抜粋させて頂きました。。 見てて思ったんですが、もうホントにコレは価値観の問題で、どういう状態が女にとって幸せだっていうのは人それぞれだと思うんですよね。 それを、周りから「負け犬」「勝ち犬」だなんて決め付けること自体ナンセンスだと私は思います。 うるさいぞ!外野!!ってな感じです(笑) ドラマの中でもありましたが、それぞれの立場でそれぞれが悩みや苦しみを抱えていて、楽しみややりがいを持っているんですよね。 時には自分の環境に無いものを持っている人たちが羨ましくも思えるんだけれど、それは無いものねだりであって、一時的にはみたされるかもしれないけれど、永久的なものでは無いのではないでしょうか。 自分の現状に満足だ!という人は少ないと思います。 何故なら、人間という生き物は、どこまでも無いものねだりをしてしまう生き物だから。 他人の芝生は青く見えてしまいますよね。それは当たり前だと思います。 でもその前に自分の芝生の色はどうですか?そんなに青くないですか?見方が偏っているだけではないですか? 周りの言葉に惑わされそうになっているのではないですか? それぞれの幸せは、人から決められるものじゃない。 自分で探していくものなんだと思います。 そんなことをドラマを見ながらドラマの登場人物達に対して思っていました。

Comment [6] | TrackBack [0]

人の心の揺れ動き2005.01.08

どうして人間には感情が存在するのだろう? ふとそんな事を思いました。 ちょっとしたことで喜び ちょっとしたことで怒り ちょっとしたことで哀しみ ちょっとしたことで楽しみ ちょっとしたことで凹む でも、 感情がなければ人じゃない。 ただの機械だ。 単調な毎日は、たまにはいいけど ずーっと続くとつまらなくなるね。 色んな事があって 色んな感情の起伏があるからこそ 楽しい日々を送っていけるのだろう。

Comment [4] | TrackBack [0]

ハウルの動く城2005.01.07

今更ながら見てきました。 キャナルで初売りに行ったついでに。 感想から行くと、面白かったです。私は好き。 多分DVDでたら即購入します。 見る前にいろんなブログさんで酷評されていたのであまり期待せず見に行ったのです。 それが良かったのかも知れませんが、単純に私はああいう映画は好きですね。 確かにつじつまが合わない部分は多々あります。そこらへんは、りみさんとこのこの記事で、もうまさしくその通り!って感じの事が全部書かれてありますので、ここでは割愛致します。 結局何が言いたいんだ?何でこの場面が必要なんだ?と疑問点は多々あるんですけども、なんだろう、ファンタジーっぽい要素がいっぱいなので、好きだなぁ、私は(笑) いろんなメッセージは込められていると思います。 一番言いたかったのは、「戦争は馬鹿げているので止めよう」でしょうね。 で、結局ソフィの呪いはどうなったんだろうというもやもや感が残りました(笑) 一回だけ見てもわからない事が多かったので、DVD出たら、繰り返し見てみて色んな空想にふけってみようかなぁ、と思ってます。

Comment [10] | TrackBack [0]

福袋2005.01.06

私、福袋ってあまり好きじゃないんですよねぇ。 特に洋服関係のお店の福袋は敬遠してしまいます。 確かに1万円で3万円分くらいのものが中に入っているかもしれませんけれども、自分が気に入ったものが入っているとは限らないじゃないですか。 別に頓着がなければそれでいいのかも知れませんけども、私は自分で気に入ったものを買いたいんですよねぇ。 その点、福袋では好きなものが買えないというデメリットがありますね。 まぁ、それを補うお得さが魅力なのでしょうけれど、自分が欲しいものばかり入っているのであれば迷わず買いますが、そうじゃありませんもんね。 あと、店側にしてみれば、在庫処分のいい機会にしているんじゃないのかな、と邪推な心がうずいてしまうのです。 もっともその名の通り、大変お買い得な良い商品ばかりが入っている福袋があるところもあるのでしょうがね。 そんな理由から、私は福袋、あんまり好きじゃないのです。 過去に物凄い期待をして福袋を購入して物凄いがっかりした事があるのは秘密

Comment [6] | TrackBack [0]

初売り2005.01.05

年末に16,000円のダウンジャケットが暖冬のせいか12,000円へ値下げしていましたので、迷いましたがデザイン的に気に入ったので購入しました。 そんなことはすっかり忘れ、先日キャナルシティへ初売りへ行って来ました。 その店に入った瞬間目に付く大きな「SALE」の文字。 悪い予感が頭をよぎりました・・・ よもや! 私はダウン売り場へ一直線!そこで見た光景とは・・・!? il||li _| ̄|○ il||li ダウンがセールになってる~(泣) ああうぅぅぅ~~、どぼぢで・・・ 酷い、非道いよぉ~。うぇ~ん。うぇ~ん。 店員のお姉ちゃん、これ以上下がるのは考えにくいですねぇって言ってたじゃないかぁ (つд⊂)ウェーン いやいや、待てよ俺。 落ち込んでいる暇は無いぞ。今、俺は初売り会場に来ているんだよ。 そうそう。がんばれ俺。 もっと色んなものが安くなってるかも知れないじゃないかヽ( ´ー`)ノフッ 気を取り直して値段を見ると、9,900円になっていました。 値段が下がっていたのは愕然としましたが、まぁ、2,000円じゃないか。 落ち着け、落ち着くんだすのう。英世2人くらいどうってことないさ。可愛い甥姪にお年玉あげたと思えば良いじゃないか。 と、負け惜しみを言いつつ、ダウンの上に書いてある「SALE」のポップをさらによく見ると、な、なんと! SALE品全品今ついている値段から25%OFF な、なんですとぉ~~~!! と、言うことは約7,500円になってるのですか!? 12,000円から約5,000円引きですか!? il||li _| ̄|○ il||li il||li _| ̄|○ il||li すのう、ダブルショック・・・ 初売りでヤケ買いしたのは言うまでもありません。

Comment [14] | TrackBack [0]

仕事始め2005.01.04

皆さんきっと思ってらしてるでしょうが、私がもう一回言っておきますね。 今回の年末年始休暇、みじかっ!! 曜日配列がうらめしい・・・ と、言うわけで仕事始めです(泣) 新年早々、遅刻しそうになりました。冷や汗ものです。 事務所に入ると、会社にはみんないるものの明らかに正月ボケしてる顔ばかり。 一応机に座ってパソコンに向かってはいるけど、明らかに仕事はしてないよね。 絶対リハビリ期間がいるってば!三が日明けは。せめて1日は欲しい(笑) んで、10時くらいから社長の年始のご挨拶が始まります。 年末と違ってバックレられないのが悲しいとこです。 と言うわけで、今日は仕事する気がまるっきり起きないのでした。 会社でリハビリを兼ねてるようなもんだな(=ω=)

Comment [18] | TrackBack [0]

お年玉2005.01.03

年末年始は実家に帰ってました。 当然兄弟家族とかも帰ってて、甥っ子姪っ子達がわんさかいる訳ですよ。 んで、いつもはそっけなくゲームボーイとかしている奴らも元旦に限ってはそわそわとしている。 そう、お目当てはお年玉 まぁ、当然ですよね~。私も子供の頃はワクワクしてましたから。 全然知らない親戚のオジサンとかにも元気良く挨拶したりしてたものなぁ。お年玉欲しさに・・・ でも今の子は「あけましておめでとう」の挨拶もしやがらねぇ・・・_| ̄|○ これはうちの親戚だけなのか・・・ まあ、百歩譲って挨拶は良いとしよう。 もう出し渋ってても仕方が無い。そろそろやるか。お年玉。 私:「は~い!みんな、お年玉だよ~」 子供達:「わ~い」 私:「ハイコレ、Aくんね」 A君:「やったね」(それだけ?お礼も無し?) 私:「・・・はい、Bちゃん」 Bちゃん:「ありがとう」(お!こいつはお礼いったな) ・・・ん?なんかごぞごぞしてるな・・・ ってか、もらったそばから袋開けて金額確認するな~!! 私:「・・・はい、C君」 C君:「ありがと」 ごそごそ・・・ こいつも即確認かよ~!! しかもお年玉袋即効でごみ箱に捨ててるし! 有り得ない~!!マジで! ・・・今年は私、ホントに愕然としました。 せめて、もらった人がいなくなってから中身は確認しようよ。 目の前で袋捨てるなんで言語道断だぞ(プンプン) っていうか、親、目の前で見てるんだからしかってくれよ・・・_| ̄|○

Comment [16] | TrackBack [0]

戻って参りました×22005.01.02

戻ってまいりましたぁ~(^^) やっとこさ実家の大分から福岡へ今戻ってきました。 早速PCの電源を入れる私って一体・・・_| ̄|○ 大晦日、元旦は稀に見る九州地方への大寒波で至る所で積雪したようですね! しかし悲しいかな、私は雪に縁がないらしく、私が居た所では一度も雪を見ることができませんでした(´。`)トホホ… 神様のいぢわる...( = =) 遠い目 今回は結局車はやめて電車にしたのですが、これが大正解でしたね。 車で高速使って帰っていたらと思うとゾッとします。 電車なんでのほほんと座って帰省してきました(^^) 今度から電車で帰省もいいかも・・・ そして、もう1つの戻って参りましたは・・・ 嫁が名古屋から福岡へ戻って来ます。 1ヵ月半の逆単身赴任を終えて、本日戻って来ます。 なんで、今から空港へ出迎えに行ってきます。 多分、初売りに連れて行けと言われそうな予感・・・_| ̄|○ では、行って来まぁす。

Comment [8] | TrackBack [0]

そして2005!2005.01.01

2005年賀状無事に明けましたねぇ・・・ 私からささやかな年始のご挨拶です。 今年もどうぞ宜しくお願いします(^^)

Comment [24] | TrackBack [0]

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。