infinity

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

凱旋帰国2009.06.19

やはり虚脱感
分かっていましたが、これ程とは。

長休が 終わった後の 虚脱感

----------

今回、ドイツ → スイス → フランス(パリ)と
周遊してきたのですが、やはりヨーロッパ良いですね。
前回のイタリアに続き二回目ですが、もう2、3回は行きたい。

マスクをしてる人は皆無でした。
やはり日本が騒ぎすぎ。

ドイツではローデンブルグが良かった。
かつての城壁都市の名残をそのまま残し、今でも城壁に
囲われている小都市。
城壁の中は中世そのものの建造物がワンサカ。
こじんまりとして好きです。
また、宿泊ホテルのデザインがとても素敵でした。

スイスではユングフラウヨッホ観光しました。
登山列車で標高3200m位の高さにある展望台まで行って
氷河とか周囲の雪山とかが見れるのですが、
とても天候に恵まれ、全山見渡せました。
ガイドに、「私も長年やってますが、ここまでの快晴は初めて」と
言わしめるほどの天候。
やはり日頃の行いがいいのか。

フランスではパリのみ滞在し、自由時間は正味1日半。
その間に、オペラガルニエ、サンマルクト広場、ノートルダム寺院、
凱旋門、エッフェル塔、セーヌ川クルーズ、と観光したおし。
全て地下鉄を駆使しまわりました。
中でも個人的な一押しはノートルダム寺院。
あのスケールのデカさと緻密さはハンパねぇ。
上へ登ろうとしましたが、丁度自分たちが並ぼうとした瞬間
今日はここまでっていって締め出されちゃった。
残念。
その代わりに凱旋門に登りましたが、その時子供が爆睡しまして
寝た子を抱っこして登る羽目に。
エレベーターなんてものはなく、全て階段です。
延々続く螺旋階段をヒーコラ行って登りました。
でも、上からの眺めは良かったですよ~。
頑張った甲斐があったと思いました。

----------

私の直属の部長が取締役になりました。
めでたい話です。

社内でも切れ者でして、一緒に仕事をしていて
素直に感心させられるところは多々ありました。
反面、結構我侭で強引な面もあり、振り回され
怒鳴られした事も多数です。
でも、不思議と嫌いじゃない。
この人のためなら頑張ろう、そう思える人でした。
それだけに、取締役就任は嬉しい反面、少し
寂しい思いもあります。
とはいえめでたい事なので、笑顔で祝福です

----------

上述人事に伴いまして、後任の部長が来るのですが
自分が社内一嫌いな人がやってきます。
それが本当に憂鬱で仕方ない。最悪。
加えて課長も異動します。
課長は仕事は本当にできませんが、非常に優しい心の
持ち主でして、その面では楽しく仕事させてもらってました。
課長は殆ど担当者案はスルーで、部長と議論してた
みたいな感じだったので、今思えばとてもやりやすい環境で
楽しく仕事させてもらってたのかもしれないですね。
それが、今度の異動で環境がガラッと変わろうとしている。
ある種の寂寥感は否めません。

・・・自分も異動しないかなぁ。
可能性としてはかなりあると思いますが、
こればっかりはわかりません





スポンサーサイト

Comment [0] | TrackBack [0]

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。