infinity

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

日に日に秋を感じます2009.10.24

あのうだるような猛暑の日々はどこへやら。
最近は朝晩めっきりすずしくなってきました。
下手すると寒いくらいです。

----------

9月のシルバーウィークに、嫁と休みが2日合う事が発覚し、
9月頭に宿泊先を確保しようと、ネット、電話、ありとあらゆる
行楽地、観光地へ電話しまくりましたが、どこもダメ。

観点を変えて、キャンプしよう!ということになり、早速キャンプ場へ
片っ端から電話するも、どこもダメ。。。
皆さん考えることは一緒のようで・・・

そんな中、久住のキャンプ場のバンガローが一棟、つい今しがた
キャンセルが出たので今なら空いてます、との回答!
迷わず予約しました。ラッキー。

今回、初アウトドアだったのですけれど、良いですね。
外で食べる食事の美味しさ。大自然の雄大さ。
地平線に沈む大きな夕日と、夜空に広がる満天の星空を
子供に見せられたので、それだけでも行ってよかったと思いました。
ただ、時間がゆっくりと過ぎていくので、時間の過ごし方を考えて
おかないと、持て余すなーとは思いました。
子供が何人かいれば、子供同士で遊ぶのでしょうが、一人娘なので
兄弟がいればなぁ、とも思いました。。。

またキャンプ行こうと思います。

----------

仕事はというと、最悪な部長に対する思いは、幾分緩和してきました。
しかしながら、依然大嫌いな上司NO1ですね。
全然この人のために頑張ろうとは思えない。
きっと、未来永劫変わらないと思います。

けど、課長はむしろ良い感じですので、その点は救われているなぁと思います。
前任者が仕事的に最悪でしたので(管理職なのに管理職の器ではない)
今は仕事のマネジメントや、部課長への連絡事項等、すぐに引き受けてくれて、
フットワークも軽く、グイグイ我々を引っ張って下さるので、逆にやりやすいです。
管理職たるもの、かくあるべきですな。

----------

一般職異動で、我が課にも一名、入社6年目の女性社員が
異動してきました。
この子が切れ者でして、教えたことはスポンジが水を吸うごとく
吸収、理解し、資料もあまり添削どころもない、手のかからない
子なのです。もう一人とは雲泥の差。

というわけで、仕事的には大分落ち着いています。
本当にありがたい話で、昨年とはうってかわっています。
このまま年末、年度末を乗り切れるといいなぁ。

----------

先日、飲み会に行ってきました、
飲み会のネーミングは「怒涛の日々を語らう会」
略して「怒涛の会」
メンバーは、そう。一年前の体制です。
取締役、前任上司、現任課長代理、そして私。

怒涛の波にもまれている最中は、とてもできなかった事が、
月日が経つと笑い話にできるので不思議ですよね。
本当に辛かったこと、きつかったことを振り返りながら、
「良く乗り越えてきたよねー」だの言って、飲みました。
久しぶりに楽しい飲み会で、頬骨が痛くなるくらい笑いました。
やっぱり、取締役の懐の広さというか、リーダーシップというか、
我侭で自分勝手なところは変わってないのですが、それを
許せるキャラクターというか。。。いいですね。
上司というものはああなくてはいかん、私の理想の
上司像に近いと思いました。

また、第二回目を約束してるので、今から楽しみです。

----------

そろそろ二人目の子供が欲しいなぁと思っています。
前々から思ってはいたのですが、キャンプに行った時に
兄妹がいればなぁと夫婦共々思いましたので、
娘のためにも二人目ができればと思っています。
コオノトリさんが運んできてくれますように!

Comment [0] | TrackBack [0]

凱旋帰国2009.06.19

やはり虚脱感
分かっていましたが、これ程とは。

長休が 終わった後の 虚脱感

----------

今回、ドイツ → スイス → フランス(パリ)と
周遊してきたのですが、やはりヨーロッパ良いですね。
前回のイタリアに続き二回目ですが、もう2、3回は行きたい。

マスクをしてる人は皆無でした。
やはり日本が騒ぎすぎ。

ドイツではローデンブルグが良かった。
かつての城壁都市の名残をそのまま残し、今でも城壁に
囲われている小都市。
城壁の中は中世そのものの建造物がワンサカ。
こじんまりとして好きです。
また、宿泊ホテルのデザインがとても素敵でした。

スイスではユングフラウヨッホ観光しました。
登山列車で標高3200m位の高さにある展望台まで行って
氷河とか周囲の雪山とかが見れるのですが、
とても天候に恵まれ、全山見渡せました。
ガイドに、「私も長年やってますが、ここまでの快晴は初めて」と
言わしめるほどの天候。
やはり日頃の行いがいいのか。

フランスではパリのみ滞在し、自由時間は正味1日半。
その間に、オペラガルニエ、サンマルクト広場、ノートルダム寺院、
凱旋門、エッフェル塔、セーヌ川クルーズ、と観光したおし。
全て地下鉄を駆使しまわりました。
中でも個人的な一押しはノートルダム寺院。
あのスケールのデカさと緻密さはハンパねぇ。
上へ登ろうとしましたが、丁度自分たちが並ぼうとした瞬間
今日はここまでっていって締め出されちゃった。
残念。
その代わりに凱旋門に登りましたが、その時子供が爆睡しまして
寝た子を抱っこして登る羽目に。
エレベーターなんてものはなく、全て階段です。
延々続く螺旋階段をヒーコラ行って登りました。
でも、上からの眺めは良かったですよ~。
頑張った甲斐があったと思いました。

----------

私の直属の部長が取締役になりました。
めでたい話です。

社内でも切れ者でして、一緒に仕事をしていて
素直に感心させられるところは多々ありました。
反面、結構我侭で強引な面もあり、振り回され
怒鳴られした事も多数です。
でも、不思議と嫌いじゃない。
この人のためなら頑張ろう、そう思える人でした。
それだけに、取締役就任は嬉しい反面、少し
寂しい思いもあります。
とはいえめでたい事なので、笑顔で祝福です

----------

上述人事に伴いまして、後任の部長が来るのですが
自分が社内一嫌いな人がやってきます。
それが本当に憂鬱で仕方ない。最悪。
加えて課長も異動します。
課長は仕事は本当にできませんが、非常に優しい心の
持ち主でして、その面では楽しく仕事させてもらってました。
課長は殆ど担当者案はスルーで、部長と議論してた
みたいな感じだったので、今思えばとてもやりやすい環境で
楽しく仕事させてもらってたのかもしれないですね。
それが、今度の異動で環境がガラッと変わろうとしている。
ある種の寂寥感は否めません。

・・・自分も異動しないかなぁ。
可能性としてはかなりあると思いますが、
こればっかりはわかりません





Comment [0] | TrackBack [0]

いよいよ!2009.05.23

心配していた花見も、狙いすましたかのように
当日満開でした。
日頃の行いが良いとこういう結果になるのね。

----------

激動の年度末年始(12月~4月)を無事に乗り切り、
本当にほっとして大型連休突入。
今年は嫁の休みがあわなかったため、
愛娘を連れて大分へ帰省。
しかし、する事がないので、
姉の子供(甥と姪)を連れて、公園中心に行楽。
一日だけ熊本方面へドライブに行った。
(ミルクロード~大観峰~草千里~帰宅)
公園中心だったので、凄く無駄に焼けてしまい、
連休明けに皆からどこへ行ったのかと聞かれるが、
どこにも行ってないと言っても信じてもらえず、
ああ、このジレンマ。むなしい。

----------

長休だった新人君が、年度末のクソ忙しいピークを
超えたあたりを狙い済ましたかのように出社。
何事もなかったかのように日々仕事に勤しんでいる。
なんだそれ。
色々と悩みや葛藤はあったに違いないが、
どれだけの人に迷惑掛けたのか、自覚してるのかと
小部屋に拉致して小一時間くらい説教したい。
小一時間で足りるか?(いや、足りない)
しかしよくもまぁ普通に出てこれるなと思う。
よほどメンタルが強いのか。
いやまて、そんなにメンタル強いんだったら休むか?
とか色々と自分の中で想像するけど、
所詮、残るのは、「休んだ」という事実であり、
それによって「信頼を失った」という結果である。
自分の中の信頼度は限りなくゼロに近く、
これを休む前の信頼度に戻すのは、多分年単位の
仕事になるだろう。
正直、そんな無責任なやつとは仕事したくない。

----------

数少ない地元友達の一人、けいじが来年に結婚する
見通しらしい。心底嬉しく、祝福した。
本当にいいやつなので、早く幸せになって欲しい。
子供ができたら、うちの子と遊ばせようぜだなんて話した。
そんな中、何かに挑戦したい気持ちがあるらしく、
トライアスロンに挑戦してみたいと言っていた。
俺は冷静に、まずマラソンから始めたら?と言ったら、
それもそうだな、と痛く感心していた。
そこに気がつかないお前が痛いが、まあその心意気、良し。

----------

先日宣言して取得した長期休暇がいよいよ明後日からとなった。
欧州へ行くのだが、巷を賑わしている豚インフルのおかげで
危うく渡航自粛されそうになった。
海外旅行渡航自粛したところで罹るもんは罹るっつーの。
騒ぎすぎ、大体。
こんなにマスクしてる人がいるの、きっと日本だけだと思う。
この目で確かめてきます。

----------

とはいえ、この旅行を楽しみにずーっと頑張ってきたので、
直前となった今、楽しいやら終わって欲しくないないやら
ちょっと複雑な気分。
あれ、この気持ちどっかで似たような感じを味わってると
思ったら、金曜日の晩の気持ちと似ている。
日曜の夜にサザエさん見てる時の憂鬱な気持ちを、
日本へと向かう飛行機の中で味わうのだろうと思うと
なんとも空しい気持ちになる。

っていうか、まだ出発してもいないのに気が早すぎる。

Comment [0] | TrackBack [0]

年度末から年度初め2009.03.20

さくら~ さくら~ ♪(BY レミオロメン)

----------

前回の投稿が12月で、今回が3月下旬。
4ヶ月に1回の投稿ペースって凄い。
年3回の投稿か。
ま、それもありかと。

----------

前記事で書いた新人君が未だ来ない。
もう諦め気味。
実質社員2名で(あとは管理職1名と、その他1名、派遣2名とパート1名)
この年度末を何とか乗り切れそうな感じになってきているので
本当に自分で自分を褒めてあげたい感じ。
おお~、自分よしよし、みたいな。

----------

とは言うものの、楽しみがないとやってられないので、
年度末~年始を抜けて、現部署で唯一仕事が暇になる時期
(1ヶ月弱しかない)を見計らって長期休暇の宣言をした。
もうツアーも申し込んじゃったもんねー。
やはり、楽しみがあると仕事に張りがでます。
こんな事ならもっと早く宣言すりゃぁ良かった。
もし今年移動がなかったら来年も行こうっと。

----------

こちら福岡では、すでに桜が咲いております。
仲間内で29日に花見の予定だが、
その頃には葉桜になっていないかと今から心配。
ま、それはそれで良しとするか。
要は、皆で集まって食べて飲めれば良いのだし。

Comment [0] | TrackBack [0]

2008.12.06

♪連れてって~ 連れてって~(by ドリカム)

----------

本日、福岡にて積雪しています。(ヒャッホー)
朝起きてご飯食べて暫くテレビ見ていて、
やけに今朝は静かだなと思い、外に目をやると、
何だか窓が白い。

もしや!と思い外を見ると一面真っ白(ヒャッホー)
小躍りして喜び勇んで子供と一緒に外へ出てしばし遊んだ。

やはり、雪はいい。
全てを純真無垢な白色に染め上げる所と、
独り異世界にいるような、静寂の空間を作ってくれる所がいい。

でも、道が凍って車が使えなくなるのは困る。

----------

同部署に8月から異動してきた新人君が休みがちに。
体の一部に激痛が走り、手足が痺れてどうしようもない、との事。
体調不良じゃ致し方ないが、業務は待ってくれないわけで、
そのとばっちりを食っているのは全て自分。

もうたまんねっす。
なんでよりによってこのクソ忙しい年末年始時期に休むかね。

何とか冬のボーナスまでの山場は乗り越えたものの、
年末~年度末、年度初めの超難関クラスの山が越えれるか
今から超不安。
無事に越冬できるだろうか。(いや、できない(反語))

----------

前記事で書いた家族旅行、
迷った挙句東京にした。
一日目日光、二日目TDL、三日目帰福
日光へは、もっと腰を落ち着けてじっくりと訪れたいと思った。
TDLへは、平日に休みを取ってじっくりと訪れたいと思った。
あの日は東京中の人口が全員TDLにいたに違いない。
そんな風に思ってもおかしくない様な人だかりだった。
絶対入場制限かかってただろうな。
朝7時30分に行ったけど、すでに大混雑だったもの。
おそるべし、ネズミ。

また、どっかいこう。
今度はゆっくりできるとこがいいな。

Comment [0] | TrackBack [0]

«prev | next»

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。